Tisse Diary

ネトゲが大好きな負け組元プログラマーの日記。内容はいろいろです。

06月« 2017年07月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TERAやってみた。

話題のTERAやってみました。ティセです。こんにちは。

暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
私はクーラーの効いた部屋で暖かいコーヒーを飲んで過ごしております。

と、調子に乗った発言をしておりますが、一応節電はちゃんとしてます。
28度より1度高めの29度にして、扇風機を回しています。
窓にはちゃんとカーテンしたり、カーテンレールにタオルをおいたりして、
冷気が外に逃げないように努めとります。

いくら節電の夏とはいえ、我慢しすぎるのもダメですしね。
目的は、供給限界を超えないこと=13~15時のピークを抑えることで、
一日中まったく使ってはいけないわけではないですし。
むしろ、夜間寝苦しくて厳しい場合は、どんどん使ってしまって問題ないわけで。
電気代と相談して使ってください。


と、ここまで書いて前も同じネタやったんじゃないかと思う今日この頃。


前にも書きましたが、ブームに超乗り遅れてツイッター始めてます。
リンクは↓です。

http://twitter.com/#!/shibazaki_saryu

最近進められたデモンズソウルを攻略中です。こっちも乗り遅れてますな。
それの攻略中の話をぼちぼちつぶやいている感じです。
9月に続編というか、話は続いてないけどシステムが同じ系のやつが出ます。
それに向けての予習ということで、頑張ってる感じです。


さて、そろそろ本題。
TERAというネトゲがオープンベータなので、遊んできました。
18日から課金スタートなので、オープンベータはもう終わってますけど。
レベル13ぐらいまであげたぐらいしか遊んでませんが、その感想です。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

 
韓国産のゲームで、ハンゲームが日本代理店です。
課金形態は、月額制で、月3000円。
今なら3か月7500円パックがあるですね。
料金はちょっと高め、といったところでしょうか。

■システム
顔はいじれます。
目の大きさや位置、口の大きさ、鼻の角度等、顔のパーツはいじれます。
が、体の具合はいじれません。

レベルは、キャラクターのレベルのみ。
あえて言うなら、採取や鍛冶等にあると言えばあります。

ステータスは、完全固定の上昇です。
ステータスポイントを割り振る等のシステムはありません。
同じレベルなら、同じステータスになるようです。

武器防具は、レベルに合わせて装備できたりします。
上記のとおり、ステータス依存の武器防具はありません。

スキルは、レベルに合わせて取得できるようになってきます。
覚えられるレベルになったらスキル屋さんにいってお金を払って覚えます。

したがって、同じレベルであれば、どのプレイヤーも
同じステータス、同じ装備、同じスキル という状況になりそうな状態です。


■クエスト
基本的に、お使いクエストです。
あそこに行ってあれを倒してーとか、あれを取ってきてー、とかです。
序盤はこれだけやっていれば、必要なレベルまで到達する感じでした。

■操作方法について。
WASDを移動として使用するゲームです。
クリック移動はできませんので、ご注意ください。

攻撃のタイミングなども任意に自分でタイミングよく押していく感じです。
ショートカットキーに設定して、自分で選んで選択する、ですな。

ただ、スキルAの次に、スキルBを使う!という形で設定しておくと、
スキルAを使用後に、スペースキーでスキルBが使えます。
スキルBにスキルAを登録しておけば、スペースキーで打ち放題ですな。


■種族、職業とか
種族は、7種類。
ヒューマンをはじめ、キャスタニック、アーマン、ポポリ、
エリーン、バラカ、ハイエルフという7つの種族がいます。

特徴的なのは、ポポリとエリーンでしょうか。
ポポリは二足歩行する太った狸、
エリーンは、ぅゎ、ょぅじょかゎぃぃ。

うちがプレイしたのは、ヒューマン女性です。

TERA1.jpg
(クリックすると大きな画像になります。

↑の字幕は、若本ボイスで再生されています。(ほんとに)


■職業
上記のスクリーンショットの職業はスレイヤーです。
TERAでは、大きく分けて3種類、細かくすると4種類の職業があります。
ウォーリアー、ランサー、スレイヤー、バーサーカー、ソーサラー、
アーチャー、プリースト、エレメンタリスト です。

□防御型
いわゆるタンクです。
ウォーリアー、ランサーが該当します。
ウォーリアーは二刀流の防御系(謎ですが)で、
ランサーは、その名の通り槍系の防御系となります。

□近距離攻撃系
スレイヤー、バーサーカー が該当します。
スレイヤーが両手持ち剣で殴る、
バーサーカーが斧で殴る、です。

□遠距離攻撃系
ソーサラー、アーチャー が該当します。
ソーサらーが魔法でダメージを与える、
アーチャーが弓でダメージを与える、です。

□回復系
プリースト、エレメンタリストが該当します。
どっちも回復スキルを持っているみたいです。
スキルが違っているので、立ち回りが変わると思います。
詳しくはちょっとよくわかりません。


という感じが大まかな紹介です。
あとは、鍛冶があったり、鍛冶の材料の採取があったり、という感じ。
一般的なMMOの基本的な部分はそろっているという感じでしょうか。


■総評。
ということで、レベル13まで触ってみた感じの感想です。
面白いです。面白いと思います。が、それは目新しいから、だけです。
新しい、ということは、すなわち未知な部分が多く、
人にとって、未知に触れることは、恐怖であり、快楽でもあると思っています。
したがって、現在TERAが面白いのは、1から始めているからという理由であり、
ゲームが面白いから、面白いという理由ではないと感じました。


その1の要因として、先ほども述べましたが、
同じレベルであれば、どのプレイヤーも同じステータス、同じ装備、同じスキル
という状態が生まれてしまうので、あまり個性が見られなさげです。
レベルを上げてしまえば、ステータスもスキルもまったく同じになってしまうので、
俺は攻撃特化に!とか、私は魔法特化に!とか、いうのがなくなっています。
種族と職業でしか、特徴を作れない、というところでしょうか。


その2。
結局、MMOです。
いろいろMMOをやってきましたが、ごくありふれたMMOだと思います。
プレイ画面は綺麗です。確かに綺麗なのですが、それだけな気がします。

TERA2.jpg
(クリックすると大きな画像になります。

↑は、拠点間の移動で使われるペガサスです。
画面はひじょーに綺麗だと思います。大体の人は綺麗と思うのではないでしょうか。


ということで。
MMOというジャンルは、ウルティマオンラインから始まり、
ROで大きな注目を浴び、そこからさらに大きく派生された、と思っています。
ROの運営開始が2002年、それからもう10年が経とうとしています。
ネタ的なものはほぼ出尽くしてしまった感があるのではないでしょうか。

FNOであったジョブフリーシステムというのは、新しいシステムでした。
が、TERAには、そのように目新しいシステムが見られないのです。

したがって、TERAもネタの出尽くしてしまったMMOの一つである、と感じました。
確かにグラフィックは綺麗です。綺麗なので、やる気が出ます。
が、そこを妥協してしまうと、他のMMOと同じものになってしまいます。


■結論として。
課金はしません。この先、続けることはないと思います。
多分、ネトゲを始めた最初の頃なら、きっとどっぷりはまっていたと思います。
始めたばっかりなのですべてが目新しいですし、画質は超綺麗ですし。
なので、どのMMOやっても似たか寄ったかで、どれにしようか迷ってるような
そんな初心者プレイヤーには、やってもいいかもしれません。
慣れてしまうと、物足りなさを感じてしまう、そんなゲームでした。


ティセさんは、昔だったら絶対TERAにはまってたなぁ…と思うプレイヤーを応援します。

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。