Tisse Diary

ネトゲが大好きな負け組元プログラマーの日記。内容はいろいろです。

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浅草観光+リアル人狼2回目。

浅草観光は1週間も前の話です。ティセです、こんにちは。
ちょっと鮮度が落ちているというかちょっとどころでないですね。
世界樹やりまくりで超進んでいるのに記事にならないとかなんとか。
先行して書いてしまおうかしら…。

ということで、さくっとり浅草観光の話を表でして、続きに人狼話です。

雷門。

浅草といえば、雷門。
こちらは裏側からですが、人が少なかったのでこちらから…。
表は人がごった返しすぎてちょっと大変でした。


本殿前。

本殿前。
人の往来がてぶれでぼやけてちょっといい感じな気がします。
外国の方は狙って撮ったわけではないのですが、なぜかカメラ目線。
きっと隣に撮影の方がいらっしゃったに違いない。
個人情報の観点から、下半分は削除しちゃってみえないのですけどー。


五重塔

五重塔。本殿向かって左側にあります。
お釈迦様の骨が収められている・・・んでしたっけ。よく覚えてません。
何か宗教的な意味が合って建ているはずなんですけどー。


浅草おみくじ引いたら凶でした。

せっかくなのでおみくじを!ということで引いたら凶。
人狼会の勝敗に暗雲立ち込めまくりんぐ。


猿回しの猿が超かわいかったです。

近くで猿回しをやっていたので観光しました。
大きなお猿さんがやっているのもあったのですが、
脇の小猿がやるのがかわいかったです。
こういう小さい動物がちょこちょこ動くのはかなりかわいいですよね。


桜が綺麗過ぎて困る困る。

観光といえば、桜がものすごい綺麗でした。
幸いにも天候に恵まれまして、すごく幸せなひと時をすごしました。
屋台で買ったフランクフルトがうまーうまーでのんびりごんろり。

という感じな浅草観光。久しぶりのぷち旅行でした。
日ごろ出かけないので、こういう機会があると英気を養えます。
また凶と京都旅行とかしたいなーと思ったりしました。


さて、そろりと本題へ。
こちらの方が人気なさそうですが、リアル人狼の話です。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

 
今回の人狼会では、人狼以外にも別のゲームをやったりしてました。

1.ピット。YouTube にあったので、動画をぺたりと。



最初、説明を受けていざ初めた瞬間、ぽかーんとなりました。
展開についていけないとか、そういうレベルじゃないです。わけがわかりません。

要するに手札を誰でもいいので交換しまくって全部同じ札にするだけ。
3人で同じものを3枚交換しまくって爆笑していたりしました。面白いです。


2.名前忘れましたー。
9人で行いましたが、もっと少なくてもできるゲームです。
1人の人が親になり、みんなに質問します。たとえば・・・、

かっぱえびせんの袋の中に入っている本数は何本ですか?、とか
日本人が1年間に飲むミネラルウォーターは何リットルですか?、とか。

正確な答えがわからないような質問を提案します。
そして、それに対して、親も含めてみんなで回答を書きます。

1番大きな数字をつけた人、一番小さな数字をつけた人に -50点。
ちょうど真ん中の数字をつけた人に 100点。 というゲーム。

私は駄目駄目すぎて 200点ぐらい(1回も100点取れず)でした。


3.悪魔城への馬車
2チームに分かれて戦うチーム戦のカードゲーム。
最初に一人1枚ずつ勢力カードが配られ、自分がどちらの陣営か、それで決まります。
ゲーム最初は、誰がどの陣営かわかりませんが、
ゲームを進めていくうちに、誰が味方で誰が敵か、だんだんわかってきます。

人狼と同じく、チーム戦、かつ推理系ですのでなかなか楽しかったです。
2回やりましたが、2回とも勝利することができました。


4.人狼
そろりと本題。人狼です。時間の都合上、2回しかできませんでした。
そのうち、最初はゲームマスターでしたので、実質1回のみ。
それでも楽しんでいただけたので、良かったです。

1回目。私ゲームマスター。占狼狼村村村村村村の構成。
1日目の吊りで、人狼吊って、即終了!と思いきや、
残った人狼がのらりくらりとうまいことすり抜けて、最終日まで生き残り。
最後の最後も華麗にかわして無事吊りを回避!
ということで、見事な人狼の勝利でした。

2回目。私狼。占霊狼狼村村村村村の構成。
霊能者が入っており、その分村人有利!なんですが、
初日に食べられるダミーさんにも、役職になるパターンを与えたパターンです。
なので、実質の村の構成は、霊狼狼村村村村村という構成でした。

初日。10人から一人減って、残り9人(ゲームマスターが食べられる)
いきなり適当な方に黒判定を出しつつ、私偽占い師CO。
場が一気にヒートアップ!なかなか楽しい展開です。
# 初日黒判定すると、大体その人は吊られてしまいます。
# 初日に吊っちゃうと、ずーっと墓場なので出された人はちょとしょんぼりです。

2日目。9人から2人減って残り7人。(吊り+襲撃で2人減る)
真霊能者がCO。当然ですよね、吊ったのは白ですから。
私が偽なので、真霊能者と結果判定で食い違い対立。
うまいこと場を言いくるめて、真霊能者を吊る事に成功。

3日目。7人から2人減って残り5人。(吊り+襲撃で2人減る)
私視点では、初日の黒の人、対抗で出た霊能者の人を吊っているので、
この時点でゲームが終わっていないとおかしい。
ということを指摘されて、反論せずさっくりと吊られる。

4日目。最終日。5人から2人へって3人(吊り+襲撃で2人減る)
最終日、偽占い師で白判定出していた2人が残る。
白判定出した片方が狼なので、疑いを減らすための白判定だ!みたいになり、
結局、最後の最後で狼吊られて負けでした。


反省点。
相方さんには申し訳なく思いつつも、いきなりのパワープレイ。
心臓ばくばく、ろれつ回らなくりまくり。
村人の時の平静さはどこへやらという感じでした。
まったく会話もせず、置いてきぼりにしまくり、もうしわけないです。
しかも自分の占い判定で疑われるとか・・・、しょんぼり。

食った人に判定をあわせて、占い結果をなくすとか、
ちゃんと考えて食いと占い騙りをやらないと駄目だなーと思いました。

なお、慣れてるねーとか言われますが、人狼の回数は10回もいっていません。
多分、演劇で演じるのに慣れているのが良いのではないかと思います。
本人視点では、ぜんぜん駄目駄目なんですけどねー。


□個人的メモ
本物占い師がいきなり死んでいたからいいものの、
いきなり黒判定出して、対抗が出たらどうするの!ということもありますが、
それはそれで、問題なしです。

人数は、9→7→5→3→1 と減るので、吊りの回数は4回。
基本的に3人になる時点で、狼村村にすれば勝機はあると仮定する。

初日に占い師を出させて食べたとしても、すでに村の人数は5人。
真霊能者が出て、4人。グレーから適当に選んでも確立で25%。
真霊能者を食べれば、最終日はグレーが3人。いつも通り。

初日に占い師を放置した場合、2人減って7人。
この時点で占い師両吊りを始めないと、村人側は危険。
先に私が釣られたならば、相方に真を食べてもらえばいいし、
先に真が釣られたならば、適当に食べればOK。
結局、グレー3人で最終日というところには変わらない。

うーむ。
やはり私の占いの結果の出し方がまずかったかなー。
ちょっと相方を表で会話のリードをしてしまったのがまずかったかもしれない。
まー、そこはばれる前に気がついた人を食べちゃいましたけどね。


ということで、凶は今日はおしまい。変換が呪われてる…。
次回への豊富として、今回の人狼会を終えました。
そろりとウェブ版の方もたまには開催しようかなーなんて思ったりも考える。
大体にして、考えただけで実行しないんですけどね!

ティセさんは、人狼開始そうそう、初日で黒判定を出される林(仮名)さんを応援します。

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。