Tisse Diary

ネトゲが大好きな負け組元プログラマーの日記。内容はいろいろです。

09月« 2017年10月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

.hack//Linkプレイ日記。その2

.hack//Linkプレイ日記その2にして完結。ティセです。こんばんわ。
やー、仕事がやばいーやばいー。ちょーたいへん。
仕様書書いて実装してみたら駄目でした、で作り直し。
出戻りは時間の無駄なので、ちょーやってはいけないです。
皆さんも気をつけましょう。リサーチは念入りにすると良いです。

そんなこんなで、3月も半ばを過ぎました。
先月2月14日にバレンタインデーでがんばったりしましたが、
3月14日のほわいとでーは、くるせさんからクッキー150個頂いた以外は、
当然のごとく何もありませんでした。
悲しくなんかないもん!
私からもお返しをしていないから当然といえば当然なのですが。


昨日の都合というのは、遅くに帰ってきたのにボードゲームをやっていたせいです。
ドミニオンというボードゲームがあるのですが、これがなかなか楽しいです。
終わったのが、0時30分。即就寝でした。

ボードゲームといえば、4月にリアル人狼をまたやってきます。
前回よりも上手にプレイできるといいなーと思っております。


さて、そろりと本題へ。.hack//Linkプレイ日記(クリア編)です。
なお、激しくネタばれを含みますので、ご了承ください。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

 
プレイ時間は、47時間ぐらいでした。
一応、ストーリークリアまでにできるサブイベント全部クリアしての時間となっています。
ストーリーだけならもうちょっと早いかもしれません。

クリアしても、クリア後のお楽しみみたいなものがいくつかあるので、
まだまだプレイ時間は増えそうです。
さて、一応クリアしたので、感想をつらつらと。


個人的な評価としては、だめげーだと思っています。
駄目な理由を書いていきます。

1.Link自体のオリジナルストーリーが少ない。
過去のシリーズのストーリーをなぞるというLinkのストーリーの性質上、
全体的なLinkのオリジナル部分が非常にすくなくなっています。
シリーズものですので、マニアというか、好きな人は当然買って来るでしょう。
しかし、そういう方は、大体過去作品をやったことがある人が多いので、
過去の時代の物語をたどっても、ストーリーが読めてしまうのです。

ようやくそれが終わって .Linkオリジナル部分に来ても、あっという間に終わってしまいます。
全体の4分の1しかないと思ってもらってもかまいません。薄いです。

そして、最後は死亡フラグをたてまくったヒロインその2が自己犠牲になって、
ヒロインその1と主人公がくっついて終わりという寂しい感じのお話。
クリア後には、ヒロインその1もその2も登場しなくなるという寂しいっぷり。
全体的に、Linkのキャラが立たないというのが多かったです。


2.黄昏の騎士団という設定。
過去に登場したキャラクターたちは、黄昏の騎士団という名前で呼ばれます。
これは、.Linkの時代のアウラが、過去からキャラクターを呼び出した、という設定です。
そのため、中の人が同じキャラクターが同じ時間上に存在するという現象が発生します。
中の人がいないNPC状態という設定になっているのかどうなのか、よくわかりません。

さらに、この騎士団には良くわからないキャラクターも参加します。
主人公やヒロイン、その仲間あたりは入っても問題ないのですが、
明らかにG.U.のときに敵だった榊さんとか、
一応Rootsからは引き継いでいるものの、NPCのキャラとか、
挙句の果てに黄昏関係ない、レポーターのPCとか。
登場したキャラクターを適当に全部突っ込みました!みたいな感が否めません。


3.ゲームシステム。
据え置き機から携帯機になったことで、かなり簡略化されました。

TheWorldでは、3組の単語からエリアを決定するというシステムがあります。
前作等では、1組1組選べる設定となっていました。
が、今作では完全固定で、用意されたマップをプレイするという形になっています。
やることは同じなので固定にしても問題ないといわれればそうなのですが、
何か自由度を失ってしまった感じがします。

ストーリーとして過去のTheWorldに戻るという話なのですが、
どの時代でもまったく同じTheWorldというのも駄目な気がします。
できれば .hack と .hack//G.U. では違うものにして欲しかったです。

簡略化といえば、PTメンバーも3人から2人に減少してしまいました。
ユニゾンというシステムの都合上仕方のないものかもしれませんが、
コンボ発生時に相方を選べる、見たいな形にすれば問題ないはずです。
同じTheWorldというネットゲームなのにもかかわらず、
根本的なところで変わっているのには違和感があります。

最後に、通信でみんなで遊べるようになった!となっていますが、
結局は、トキオ(主人公)+NPC でPTを組んだプレイヤーが3人という
自分ひとり+みんな2人でのPTというPTではありません。
せっかく魅力的な仲間プレイヤーがいるのですから、
それらから1人を選択して、3人でそれぞれ1人ずつ遊べる!という方が
個人的には良い気がします。


4.絵
このあたりは個人差がありますので、あれな話なのですが、
私としてはG.U.の絵が好きでした。
今回のキャラクターは少し幼すぎる感じがします。
どこかデジモンみたいな主人公だなーという感じが否めません。

あと、OPは・・・ないと思います。あれは個性とか言うレベルじゃないです。
どうせなら、G.U.のポリゴンを使って動かして欲しかったです。
OVA?映画?化したのですから、そういうところで使ってください。
激しくパッケージ詐欺なおーぷにんぐだと思いました。


全体通して。
これが.hackシリーズ最後の作品というのでしたら、非常に残念でなりません。
むしろG.U.のOVA?映画?化が最後ということで、Linkは黒歴史です。
携帯機という性質上なかなか難しいところがあるとは思いますが、
もうちょっとできたんじゃないかなーと思ったりします。


とはいえ、良い点もそれなりにあります。
やはり、シリーズ通してのキャラクターが使用できますので楽しいです。
お気に入りのキャラクターを育てていくのは良い感じです。

難易度もそれほど高くないと思います。
サブシナリオをやっていけば、おのずとレベルが上がってしまいますので、
推奨レベルよりも高いレベルでストーリーが進められるでしょう。
最後のシナリオで、推奨レベルが65?ぐらいなのに、私は92ありました。
特にレベルageとかもしていませんので、そのぐらい上がります。
なお、最後のBOSSを倒した後レベルを見たら99でカンストしていました。

システムとしては、コンボが楽しいです。
ゲージをぴったりうまく合わせられて決め技を決められるのは爽快です。
ゲームとはいえ、お気に入りのキャラと息が合った瞬間はうれしいものです。
そのコンボからのクロスレンゲキも、なかなか面白い描写なのが良いです。


前回の総評からちょっと変更してみると。
シリーズで買っている人なら、まぁ、買っても良いかもね、的なニュアンス。
シリーズで買っていない人なら、変わりに G.U.を買ってプレイして。

というのが私の結論です。
風来のシレン4とどっちを買うべきか悩んでこっちを買いましたが、
中古になってから買っても良かったかなーとおもったりなんかしなかったり。


という感じで今日はおしまい。
今日も遅かったのですが、がんばって書いてみました。
やっぱり文字ばっかりなので、書いていると1時間ぐらい経ってしまいます。
そもそも全部読んでいる人はあまりいないんじゃないかと思ったりもしますが、
それはそれ、これはこれ。今後もつらつらと文字ばかり書いていきます。


ティセさんは、.hackをこよなく愛する.hackersの皆さんを応援します。

*** COMMENT ***

記事が書かれてから半年近く経ってコメントするのもどうかなと思いましたが、自分と同様、本当に.hackを愛してる大ファンなのがよく解る文章で何だか嬉しくなってしまい、コメントさせていただきました。

私は買っていませんが、wikiや2ちゃんねる等でストーリーやシステムだけ調べました。
感想も沢山見ましたが、概ねクソゲーとする意見が多勢を占めてますね。
ストーリーが命の.hack、その集大成を謳う作品が中学生の二次創作みたいな詰まらない話では…

正直、僕は.hackってゲーム性自体は他より抜きん出て無いと思うんです。
特に初代の四部作なんてあれがただのRPGならクソゲーですよクソゲー。
それでもやたらワクワクしたのは「THE WORLDをプレイしている」と言うシチュエーションに深く惹かれたからでしょう。
リアルが描かれない以上、そこで語られるリアルとは僕らだったんですよね。

だから他のファンタジー系RPGなんかとは違って、主人公と自分に境界線が無かった感じでした。
FFのクラウドやスコールはクラウドやスコールでしかありませんが、.hackのカイトやTHE WORLDは虚構前提だったから真実味があって、それ故に何もかもかなり甘く受け入れられた。
ただ広いだけの草原で敵に近付いて斬る魔法撃つ回復するってだけの単調さすらも「ネットゲーム故の不便な操作性」と言うシチュエーション燃えに繋がってたと思います。

G.U.になってから格段にゲーム性が跳ね上がりましたが四部作の面白さはそのほぼ全てが「THE WORLDと言うただのゲームでは無いゲームで世界を救う」ライブ感に依存してました。
あれをプレイしてる時のリアルは.hack世界でのリアルと同一視されるんですよね僕の中で。

そこに惹かれたからこそ操作性がクソでも根強いファンが生まれたのに、正当な続編にして完結編を携帯機で出すなんて裏切りとしか感じられません。
楽して儲ける方に走るなら走るで、せめて全くの番外編にして欲しかった。

据え置き機じゃないと「THE WORLD」をプレイしてる気がしませんよ。
ましてや主人公のリアルを描きイメージを漫画的に統一するなんて今まで支持された理由を解ってないとしか。
.hackのリアルにリアルさがあったのは.hackプレイヤー一人一人のリアルがそれに該当する様に出来てたからなのに。
G.U.はあえてハセヲのプレイヤー自体に.hackプレイヤーが反感を抱きかねない個性を与える事でそのギャップや変化の面白さを演出するのに成功しましたが、Linkはデジモン野郎をリアルと言い張ってるだけで…

すみません長文で。

何だかCC2社には悲しくなります。
.hackの頃のあの手探りな不器用さが好きでした。
売れて手堅い商売になっておごりましたかね。

来年だかに出るらしいアニメは期待しますが、ゲームは黒歴史として葬り去られるべきです。
何ですか過去とか。
何ですか体がコンピュータに入るとか。
もうリアルが完全にスピリチュアルSFファンタジーじゃないですか(`;ω;´)

無かった事にして正当な続編作って欲しいです。
またハセヲが主人公でも良いし完全に新しい主人公でも良いですが、僕は.hackをプレイする事でTHE WORLDの世界からネットの危機に関わる感じを味わいたいですよ。
あとG.Uでお流れになったブラックローズとの合流も今度こそ(笑)

それでは。

Re: タイトルなし

アンチシルバーマンさんへ。


> 記事が書かれてから半年近く経ってコメントするのもどうかなと思いましたが、自分と同様、本当に.hackを愛してる大ファンなのがよく解る文章で何だか嬉しくなってしまい、コメントさせていただきました。

コメントでこんなに書き込んでいただいてありがとうございます。
記事にしたかいがあったというものです。
内容については激しく同意する内容ばかりでした。


> 正直、僕は.hackってゲーム性自体は他より抜きん出て無いと思うんです。
> 特に初代の四部作なんてあれがただのRPGならクソゲーですよクソゲー。
> それでもやたらワクワクしたのは「THE WORLDをプレイしている」と言うシチュエーションに深く惹かれたからでしょう。
> リアルが描かれない以上、そこで語られるリアルとは僕らだったんですよね。

> G.U.になってから格段にゲーム性が跳ね上がりましたが四部作の面白さはそのほぼ全てが「THE WORLDと言うただのゲームでは無いゲームで世界を救う」ライブ感に依存してました。
> あれをプレイしてる時のリアルは.hack世界でのリアルと同一視されるんですよね僕の中で。

ここはすごく同意します。
.hackを通して、ひいてはカイトを通して、THE WORLD をプレイしていると言う感覚が
何よりもひきつけて離さなかった要因だと思います。
まさにのめりこんでいるという状態でプレイできていました。


> そこに惹かれたからこそ操作性がクソでも根強いファンが生まれたのに、正当な続編にして完結編を携帯機で出すなんて裏切りとしか感じられません。
> 楽して儲ける方に走るなら走るで、せめて全くの番外編にして欲しかった。
>
> 据え置き機じゃないと「THE WORLD」をプレイしてる気がしませんよ。

据え置き機の方がやり応えがありますし、
今まで1が4作、2でも3作というボリュームなのにも関わらず、
Link は携帯機+自身のストーリーはかなり少ないというひどい内容。
ファンにとってはものすごい物足りない感じがあると思います。

また、1枚目が終わって、2枚目が発売されるまでの間、
2枚目が終わって、3枚目が発売されるまでの間、
次の展開はどうなるんだろう…!とわくわくさせる、そんなこともあったともいます。


> ましてや主人公のリアルを描きイメージを漫画的に統一するなんて今まで支持された理由を解ってないとしか。
> .hackのリアルにリアルさがあったのは.hackプレイヤー一人一人のリアルがそれに該当する様に出来てたからなのに。
> G.U.はあえてハセヲのプレイヤー自体に.hackプレイヤーが反感を抱きかねない個性を与える事でそのギャップや変化の面白さを演出するのに成功しましたが、Linkはデジモン野郎をリアルと言い張ってるだけで…

無印では、プレイヤー自身を主人公とするような、
G.U.では、ハセヲの成長をプレイヤーたちに見守らせるような、
そんなしっかりしたストーリーができたと思っています。

が、Link はいったい何をやりたかったのか、良くわかりませんでした。
主人公はどのような立ち回りのキャラクターなのかが見えてこないのですよね。
そんなところも、ゲームにのめりこめなくなったところだと思います。


> 何だかCC2社には悲しくなります。
> .hackの頃のあの手探りな不器用さが好きでした。
> 売れて手堅い商売になっておごりましたかね。

売れ始めてお客に媚びた作品を作ると駄目になるといいますが、
正直今回はどこ向けの作品なのかまったくわかりませんでした。
ファンも毛嫌いするでしょうし、新規には受けないと思いますし…。


> 来年だかに出るらしいアニメは期待しますが、ゲームは黒歴史として葬り去られるべきです。
> 何ですか過去とか。
> 何ですか体がコンピュータに入るとか。
> もうリアルが完全にスピリチュアルSFファンタジーじゃないですか(`;ω;´)

Linkは漫画の方でも出ておりますので、
マルチメディア戦略はさすがにCC2社、といったところでしょう。
Link単体としてみれば、アニメ化しても問題ないと思っています。


> 無かった事にして正当な続編作って欲しいです。
> またハセヲが主人公でも良いし完全に新しい主人公でも良いですが、僕は.hackをプレイする事でTHE WORLDの世界からネットの危機に関わる感じを味わいたいですよ。

が。
シリーズの3部作としての立ち居地では明らかに役者不足ですね。
やはりなかったことにして3部作目を作ってもらいたいものです。
据え置き機で3枚当たりで出していただきたいところですなー。


> あとG.Uでお流れになったブラックローズとの合流も今度こそ(笑)

そろそろナツメさんが主役の物語を作るべきだと思います!

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。