Tisse Diary

ネトゲが大好きな負け組元プログラマーの日記。内容はいろいろです。

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守護☆占い。

あと2日…あと2日でお休み…。ティセです。こんにちは。
平日って、あと何日でお休みだーって常に考えますよね。うんうん。
とはいえ、来週7日にになぜか会議で発表が回ってきてしまったので、
日が経つのがひじょーに怖いです。でも休みは欲しいです…。
恐れても仕方ないので、頑張ろう。

さて、今日はネタがないので、どうしようかと思ったんですが、
せつさんのところの「占い、診断等 (2)」に面白い物があったので、やってみました。

守護惑星つき星占いとか何とかって言う話ですけど、
パーソナルカードを選ぶとかんとかかんとか?
良くわからないのですが、とりあえずやってみたので感想を。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

# 7/31 17:45
# なんか、ブログの引用モードを多様すると、ものすごいずれる…。すっごいずれるよ!
# ということで、引用部分は色を変えるとします。

19XX年11月14日生まれなので…。さそり座ですね。えいやっとい。

■12星座別のパーソナルカード 『さそり座』
さそり座 {陰(女性)性・水のエレメント・不動宮}
ⅩⅢ DEATH (死に神)』 さそり座を象徴するカードです。
このカードは、古きものの消滅と新しきものの芽生えの転換期の訪れを示しています。


どーんと、のっけから死神来たー。
正位置だと、死や消滅といった意味合いを持ちますが、
逆位置になると、再生や回復といった意味合いを持つカード。

これは、あれなのかなー。
気分の浮き沈みが激しいですよーとか暗示しているのかな。
って、このカード選択は、そういう意味じゃないのかな?

○さそり座の守護惑星は「冥王星」です。

冥王星・・・。ごめんなさい、もう惑星じゃないです。準惑星です。リトライ!

さそり座の守護惑星は「冥王星」です。

『ⅩⅩ THE JUDGEMENT(審判)』
冥王星(死と再生を司る)を象徴するカードですが、このカードは、最終決定を示すカードです。
このカードは、神による選別=審判の時が訪れたことを示します。

正位置では、信仰による勝利・救いや、不滅の精神力の勝利、目覚め、仲直りなどを
逆位置は、悪い知らせ、挫折、再起不能、いつまでもくすぶる、などのマイナス面を示します。


死神とカードの意味合いが逆?なのかな。
正位置だと良くて、逆一だと悪いんですねぇ。って、これが普通なのか。
しっかし、死と再生を司るカードばっかりですね。

さてさて、診断結果ですが…。

洞察力がするどく、興味のある物事に対しては、
中途半端にせず、ガンコに拘るタイプと言われます。
自分の内面・本質を隠す傾向にあって、他人からは「どういう人なのかよく分からない」
「冷たい人かも」という評価をされがちですが、非常にタフで情熱的なものを秘めているのです。


こりますねー。興味のあることにはこります。とことんこります。
でも、8割ぐらいやると飽きて投げ出します。
洞察力はそんなないと思いますヨ。ぼーっとしてる系です。多分。
内面、本質は隠す傾向にある…かな。
隠した状態での冷たい評価には耐えられるのですが、
さらけ出した状態での冷たい評価に耐えられないから、じゃないかなぁ。
と、第3者的な意見で考えてみる。

あと、2枚のカードからのメッセージって所。
全部書くと大変なので、掻い摘んで引用してみる。

派手な言動で衆目を集めるというよりも、いちばん大事な決定的な場面で
多大な影響力を及ぼすようなカリスマ性を秘めています。


派手なのは、嫌いです。質素倹約。うんうん。カリスマはありませんヨ…。

不言実行型の、たいへん誠実でモラルを尊重する人でもあり、
裏切りを決して許さないというガンコな面もあります。


不言実行型…、なのかなぁ。割と有言不実行な気がする。
裏切りは、決して許しません。まぁ、裏切らざるを得ない状況になっていたら仕方ないですが…。
そうなったらそうなったで、容赦せず、切り捨てますね。
それを頑固と言われると悲しくなりますが、言いたければ言うが良いさ!

恋愛面においては、いわゆる受動的な立場よりは、自らが愛する対象を見いだし、
追い求めることに喜びを感じるという傾向にあるようです。


これは、まったくもってその通りだと思うデス。
愛される、より、愛したい、という気持ちの方が強いって言う感じですよね。
あれですね。俗に言う、尽くすタイプですね。
「あなたに愛されるのが…、重いの…。」とか言われて別れるタイプな気がする。
ちゃんと相手の気持ちも考えて尽くしましょう。

また、そのような場合、判断基準も独自であって、
世間的な基準(顔がいいとか、背が高いとか一般的な基準)に頼りません。


私が好きなものが好きなんです。世界の常識なんて知りません!という感じ?
確かに、食べ物とか独特の味覚だねーといわれたことありますけど…。
い、一応、世間的な基準には従ってると思いますけど…。

愛する対象にふれる時、ふだんの合理精神・峻厳な判断能力はどこへやら、
ふだん見せないような素顔を出したりするのです。それは、選んだ対象の人にだけ、なのです。
ですから、さそり座生まれの人の恋人は、決して彼あるいは彼女の信頼を裏切ってはなりません。


というか、好きな人の前で普段見せない素顔を見せずにいつ見せる、と思うわけですが…。
理性が吹っ飛ぶというか、テンパって何も考えられないとか、あがっちゃうとか、
つまりそういうことで、普段の合理性がすっ飛んでいくんだと思います。
ちなみに、べたべたなお付き合いが好きです。淡白なのはあんまり好きじゃないです。
あと、最後の信頼を裏切ってはなりません、とか言うところなんですけど、
それを相手に求めるのはなかなか難しいことなんじゃないかと思ったりするんですが…。

という感じになりました。

なお、生年月日からカードを選ぶ方は以下のようになりました。

『ⅠⅩ THE HERMIT(隠者)』 。おとめ座を象徴するカードです。

こっちも書こうと思ったんですが、長くなっちゃうのでパスすることとします。


こういう占いは、たいてい当たるようにできているというのが一般的な見解です。
じゃあ、何も参考にならないかというとそうではないと思います。
占いであたっていそうなこと、それらを見直して、自分の生活に生かすことが大事だと思います。
あたってたー、わーい、で終わりにするのでしたら、
当たるようにできていようがいまいが関係ありませんからね。


したらば、今日はここまで。
明日から8月になります。いよいよ夏本番。遊びに行きたいぞー!
誰か遊びに連れて行ってください…。

ティセさんは、ネタ不足で占いをブログのネタにするぶろがーを応援します。

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。