Tisse Diary

ネトゲが大好きな負け組元プログラマーの日記。内容はいろいろです。

05月« 2017年06月 /  123456789101112131415161718192021222324252627282930»07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての録音に行ってきました。

目がぁー、目がぁあああー。ティセです。こんにちは。
右目の下まぶたの裏側に、口内炎みたいな炎症ができております。
これってー・・・もしかして、ものもらい?
右目が充血しているなーと思っていたんですけど、まさか炎症があるとは…。

と、気がついたのが金曜日。
目に違和感を感じなくはなったんですが、まだ炎症は残っております。
ひどくなるようなら病院に行こうと思ったんですけど、
あんまりひどくもならないので放置中。このまま直ってくれると良いのですが。

よく、ものもらいはうつる、と言いますが、そんなことないみたいです。
どうも、人が誰しも持ってるウィルスが傷口に入って炎症起こすことで発病?するみたいです。
うつると言うより、側になっている人がいて、自分も気になって触ってなっちゃうからなのかな。

何はともあれ、目は大事にしないと駄目ですね。
五感で得る情報の、ほぼ8割を占めるのが視覚と言いますし、
超大事。たまにはいたわってあげましょう。


閑話休題。
相変わらず歌ってみたネタをお送りしていきます。
今日は、初めて録音に行って来たよーと言う話+そこから得られた課題についてメモ。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

録音に行ってきたーって言うのは、別にたいしたことでもなんでもないです。
家で録音すると、家族に聞こえまくりんぐ+隣の家に聞こえまくりんぐで恥ずかしいので、
一人、カラオケBOXに行って録音してまいりました。

そもそもちゃんと歌えるかどうかもわからない素人ですので、
いきなりスタジオ借りても無駄になること請け合いなのはわかりきっております。
そこで、安価+防音設備が整っている+個室と言うカラオケBOXに行ってきたのです。

持ち込み機材は、ノートパソコン+マイク+オーディオインタフェース+ヘッドホン。
喉を潤しつつ、いざ録音開始!

・・・(録音開始)、あれ。(録音終了)

これって、最初のらーらーらーのところと、メインが同時に歌えないじゃないかー。
ということで、とりあえずらららーから録音することにしました。
で、1時間後、とりあえずのものが採取できたので、ようやく1番のメインパートへ。
1番も最初のらららーと同じで1時間ぐらいかけて、一応録音終了。

2時間の録音の予定でしたので、この日の録音はこれにて終了。

録音してみて、色々課題があることがわかりました。

1.高音の部分が一定の音を出し続けられない
 伸ばす高音の箇所が途中で音が外れてしまうことが多々ありました。
 これは、何回か練習することで何とかなったので、歌の要練習と言うところですかね。

2.低音の音圧が弱い。
 低音を歌うときの声のボリュームが小さすぎて、マイクにうまく入りません。
 これは、低音の出し方の練習を強化しないと駄目だなーと感じました。
 編集でどうにかできる部分もありますが、できるだけ声で頑張りたいところです。

3.メロディーからずれる。
 聞きなおすとよくわかりましたが、歌とメロディーがあっていません。
 歌うことに集中しすぎて、音を聞いていない証拠ですね。
 ボーカルが歌の主役ではありません。
 あくまで一役者です。ちゃんとメロディーを聴いて歌いましょう。

4.出だしの音程が取れていない。
 何度もリテイクする羽目になった、出だしの音程のずれ。
 友達とカラオケに行ったときも、歌いだしの音程は取りづらいと思っていましたが、
 何度か練習すれば何とかなりそうなことだと思います。これも要練習。

5.マイクの位置。
 ちゃんとマイクの方向を向かって歌っていない。
 カラオケなら適当でも良いですが、今回はそうでないので、ちゃんと気にすること。
 特に指向性を意識して、ちゃんとマイクの方を向きましょう。


と言う感じでした。自分メモですね。
目標は、土曜日に録音、日曜日に加工>UPといけたらいいなと思います。
今日の様子だと、取り直しに次ぐ取り直しで全然時間かかりそうですけど…。


したらば、今日はこのぐらいで。

平日は特に音取りもしないので、編集の勉強と、UPの方法について調べる予定です。
何かネタがあるといいんですけどねぇ。

ティセさんは、下手でも何とか良いものを作ろうと努力する人を応援します。

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。