Tisse Diary

ネトゲが大好きな負け組元プログラマーの日記。内容はいろいろです。

07月« 2017年08月 /  12345678910111213141516171819202122232425262728293031»09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

.hack//G.U.2くりあー。

農道に車が突っ込んでました。ティセです。こんにちは。
会社に向かうときに、警察の人が数人いたので見てみると…、

 | |
 | |
← |
 | |

(←の矢印方向が車の頭の向き)
こんな感じで車が突っ込んでました。
明らかに直線道路で、どう考えたって突っ込みようがないはずなんですが…。
いったいどんな風にして突っ込んだんでしょうねぇ。
皆さんも、直線道路だからってのんきにしてると突っ込むので注意ですよー。

さて、./hack//G.U.ですが、29時間19秒で無事クリアしました。
今日はその話。

****** ▼ 追記記事 ▼ ******

クリアレベルは、ハセヲ91。最終PTは、ハセヲ、アトリ、朔望。
割と偏ってます。なんでこんなPTだったかっていうのはまたあとで。

やり始めたのが1月22日なので、2週間ぐらいでクリアですね。
個人的にはなかなか楽しめたです。
イベントダンジョンが後半につれて深く長くなった前作.hackと違い、
深くても3階層、大体2階層だったところがよかったです。
# 面倒なの嫌いなのですよ。あはは。

そんなわけで、恒例のネタばれストーリーのコーナー。

無事トーナメントの優勝を獲得したハセヲ君。
一方、超ぴんちなアトリさん。
な、ところで、前回終わったんでしたっけ。

月の樹に潜入しようにも入り口が空いてないので裏口から入ります。
裏口から入るための鍵が必要なので、それを探しに一路エリアへ。
さくっとエリアボスを倒して、鍵を手に入れ、町に戻ってきます。

↑と↓の間、いったんストーリー進行を中断して、
クーンさんとエンデュランスさんのレベル上げ。
月の樹への突入組みがこの2人なので底上げを図ります。

戻ってきたら、準備を整えて裏口入学。れっつだごー。

正直、レベル上げすぎた…。

敵が、鎌の技の「わぎりにせん」で沈んでいく。いく。
さっくりがっつり、らくーにぬるーくストーリー進行。
途中、松さんや柊さんとの戦闘がありますが、こちらも余裕で進行。

# 松良いよ、松。義理人情に熱いキャラって好きです。
# その昔、PKやってたときのけじめのために大剣はつかわないっ!
# 例え命を懸けた勝負でも、それが俺のけじめだっ!
# 熱いの、いいです。

そいでもって、最深部。
アトリさんをさらったにっくき榊さんのいる部屋へと到着。

アトリさんのリアルでのいろんな苦悩が描写されるシーン。
一応設定だと、自殺未遂をしたことがあるとかなんとかって言う話みたいですね。
ちゃらい友達と、それを許さない家庭との間で生じるひずみ。
他人に求められることをがんばってこなしても、誰も自分を褒めてくれない。
そんなアトリさんを、唯一榊さんが認めてくれた。
涙を流せば側に、温もりが欲しければ抱きしめる。
そうやって、アトリさんを思うがままに操るために色々したわけですね。

# しっかし、榊さん。ゲームの設定だとなんと10歳。
# この.hack//G.U.のゲームのリアルの人たちは天才多すぎですね。
# 10歳でここまでの思考が完成していて、かつ話せる人間はそういない。
# やたさんも、.hack時は10歳で、今17歳だし…。色々おかしい。

そんなところに、ハセヲ君がやってくれば、当然戦闘です。
アトリさんの隠された能力が暴走。ウィルスに侵食され、BOSSに変身。
ハセヲ君も特殊能力発動。暴走アトリさんと戦います。

負けちゃうと色々面倒なので(かなりセーブしてなかった)
落ち着いて敵を狙いつつ、危なげなく撃破。

アトリさんの暴走を食い止め、アトリさん救出。
榊さんは尻尾を巻いて逃げてしまいました。

とりあえず一件落着。
月の樹のマスターさんが来たり色々話が進みます。

# ここでの、ハセヲ君がアトリさんへ色々投げかけるシーン。
# ハセヲ君はずいぶん大人になったなぁ…、と思いました。
# アニメ>ゲームと続くこの.hack//G.U.。
# きっと初期のころのハセヲ君じゃこんなこと言えなかっただろうなぁ。
# 「責任を取るっていうのは簡単なことじゃない。」
# 「1日2日で簡単に取れるものじゃないんだ。」
# 「目を見開いて、耳を澄まして、それと対峙してがんばらなきゃいけない。」
# 「地味で、苦しくて、大変で、それでも諦めずに進むこと。」
# 「それが、責任を取るってことなんだっ」っていう話。なかなかかっこよかった。

そんなわけで、逃げた榊さんを追います。
さくっと追いつきます。
狂ったようにウィルスに感染します。
攻撃されます。
倒します。
崖の上から落ちていきました。

これで.hack//G.U.2も終わりかなーと思っていたら、まだ続く。
後ろにオーヴァンさんが突然現れます。
そして、オーヴァンさんが、正体を表すのです。自分が本当の三爪痕だと。

三爪痕をいままでずーっと追い続けていたハセヲ君。
大切な人を数多く未帰還者にした三爪痕をなんとしても倒したかった。
その追い続けた本当の三爪痕は、いつも自分の標になったオーヴァンでした。

そのオーヴァンが、「早く、俺を…倒せ!」という感じなって、
一緒に来たパイさんとアトリさんがさっくさくっとやられてしまいます。
ハセヲ君一人で戦闘始まるのかっ!と思ったら、
マグニ・フィで待ってるといって撤退。

マグニ・フィに行くためにアイテムそろえていざ出陣。
きっとダンジョンになっているんだろうってことで、
回復役のアトリと、好感度の低かった朔望を選択して出撃。
レベルは、ハセヲ91、アトリ86、朔望83ぐらいかな。

入ってすぐにイベント、オーヴァンとの戦闘きたー!
最初は、なんか、歩くだけで攻撃しないから余裕だーと思ってたら、
周りに取り巻きが3匹ぐらいでてきて、
がんがんがんがんHP回復されていくんですけど!
取り巻きが沸いたら速攻倒せば、何とか押し切れる!ということで、
15分ぐらい、回復されては殴り回復されては殴り…で、なんとか撃破。

「これは…、俺が望んだ最後じゃない…っ」
「やはり…、まだ、早すぎたか…」といって消えていくオーヴァン。
無事復習を遂げたハセヲ君の心は浮かれるものではありませんでした。
単に、オーヴァンというプレイヤーをPKしただけに過ぎません。
当然、しのさん達の意識が戻るわけもないのです。

もう疲れたよ…、しの…。の台詞とともにエンディング。

で、このあと、なぜかゲームは続行。
ゲーム中でのハセヲ君のPCのデスクトップ画面へと移動します。
アトリさんからメールが来ているのを確認。
「隠されし 禁断の 聖域」へと呼び出されているので向かいます。

2人で話をするハセヲとアトリ。
アトリがハセヲに何か伝えようとしたそのとき、
アトリさんの顔が見る見るおびえる顔へ。振り向くハセヲ。

ばばばばばーんと、オーヴァンの顔どあっぷ!

「ハセヲ…、もっと強くなれ…」の台詞とともにエンディング(2回目)

# なんでエンディングが2回に分かれているのかわかりませんが、
# とりあえずほんとに2回、エンディングがあります。

そんな感じで、.hack//G.U.のvol.2が終了ー。
最後のオーヴァンの顔どアップが一番びっくりしました…。
徐々に徐々に明らかになっていくストーリーがなかなか楽しいです。
あと1,2週間ぐらいやりこみをやって、vol3につなげたいです。

ということで、今日はおしまい。

ティセさんは、オーヴァンの顔どアップで漏らしそうになった人を応援します。

*** COMMENT ***

パーティーが一緒だ!!w

最後のオーウ゛ァンは怖かった;

>ななしさん

PTはなんか、こう、適当に選んだらこうなりました(ぁ
望がかわい(うわーなにするーおまえらー

最後のオーヴァンは…近すぎ、怖すぎでした。超びりりました。
あれは、みんな1度見るべきだー。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。